F1大好きな、インチキ技術者の日記

F1大好きなインチキ技術者が情報を発信して、自分を変えようとしている日記です

2018 オーストラリアGP 決勝 ベッテルおめでとう🎊

結果

1位 ベッテル、2位 ハミルトン、 3位ライコネンとなりました。ホームレースのリカルドは終盤ライコネンにプレッシャーをかけていましたがオーバーテイクはできませんでした。

概要

レースはスタートから大きな混乱もなく、メルセデスのハミルトンが速さをみせて、あっという間にベッテルのDRSゾーンから逃げ去りました。

「今年も、Formula Mercedes開幕か・・・」なんてちょっとしんみりしてしまいました。 それくらいハミルトンが駆る Mercedes F1 W09 EQ Power+ は完全な状態にみえました。しかし、今回はちょっと運がありませんでしたね。 ひょっとしたら、アグレッシブに揺さぶりをかけたフェラーリの執念が実ったのかもしれません。

上位陣でいち早く19周目にタイヤ交換を行ったライコネン、出番はないかと思われていたソフトタイヤを履きワンストップ作戦を決行します。そして、ハミルトンはライコネンにアンダーカットをさせないように次のラップで同じくソフトタイヤに交換します。

ハミルトンは無事にライコネンの前でコースにもどり盤石の体制に見えましたが、ベッテルがいました。ベッテルが。

ベッテルがウルトラソフトで引っ張る間に事件が起きました、ハースの2台が立て続けにコース上に止まったんです!

24周目、マグヌッセン停車

26周目、グロージャン停車

そして、VSCが入っているときにタイヤ交換したベッテルがハミルトンの前に出ました!!! タイヤは新しいし、VSCの間だからタイムロスは少ないし、良いことばっかりで完璧なタイミングで勝敗を分けました。

その後、ハミルトンはベッテルにプレッシャーをかけますが軽いコースアウトをきっかけにPUのセーブを優先し勝負は決しました。

開幕戦はリタイヤも多く、VSCで勝負が決するなど波乱に富んでいました。 とってもうれしそうなベッテルと、納得いかないハミルトンの表情が対照的でしたね。

個人的には、追いかけるハミルトンの力強さが大好きなので今後のレースが楽しみになりました。