F1大好きな、インチキ技術者の日記

F1大好きなインチキ技術者が情報を発信して、自分を変えようとしている日記です

2018年 F1開幕に向けてブログ書くぞ宣言&自己紹介

自己紹介

F1をこよなく愛する男性です。

小学生の高学年からF1見ていて、他に趣味らしい趣味はありません。

今年はせめてグランプリごとに感想などを残してみたいなと考えてブログを再開することにしました。

F1を好きになったきっかけ

今となっては運命としか思えませんが、1988年の鈴鹿グランプリの放送を偶然見たのがきっかけでF1を知りました。

その中でも1988年の鈴鹿グランプリではダントツの速さを誇っていた「McLaren MP4/4」に心を奪われるのに時間はかかりませんでした。

特にカーナンバー12の「アイルトン・セナ」がスタートでエンジンストール直前の大失敗スタートだったにもかかわらず、どんどん順位を上げ最終的に優勝するシーンを目の当たりにし、とても感動したのでアイルトン・セナの大ファンにもなりました。

余談ですが、たばこメーカーと知らず「Marlboro」のファンにもなってしまい、周りの大人達がざわついたのを今でも覚えています。 (ただ、結局一度も喫煙者にはなりませんでした。)

観戦・応援のスタイル

基本的にはF1そのものが大好きなので、嫌いなチームやドライバーはいません。

F1がよりよく、より盛り上がっていくことを願っているので各チーム、ドライバー、スポンサー、サプライヤーなどもとても応援しています。

唯一の例外なのが、私が子供の頃セナに肩入れするあまり、1年間ほどプロストの事が嫌いだった事です。もちろん今は憎んでいませんし、素晴らしいドライバーだと考えております。

とは言っても好きなのは

ただし、やはり特別に強く応援してしまう存在もあります。

  • 日本人ドライバー

    • 無条件に全力で応援してしまいます。F1ではありませんが、2017年のインディ500佐藤琢磨さんが優勝したときは最後の20周位は声を出すことすらできず、ただただ涙を流していたそうです。(家族によると「178周目に声を出したのが最後だったと思う。」とのこと)
  • ホンダ

    • MP4/4に日本のメーカーのエンジンが載っていると知ってから大ファンになりました。昨今の低迷はちょっと見ていて辛いです。
  • 弱小チーム (失礼なラベリングですが・・・)

    • ミナルディ・ヨーロピアンが大好きでした。毎年撤退の噂がたっていましたが素晴らしいドライバーを輩出するし、なによりもストッダートさんが今で言うちょい悪オヤジっぽくてとても好きでした。
  • ハイテクデバイス

    • 「F1は走る実験室」だから常に最先端の技術を投入して欲しいと考えています。ただし、PUだけは事前吸気エンジンの方がよいと考えており自己矛盾を抱えていますが。。。当時としてはハイテク満載の「Williams FW14B」はセナとホンダの敵でしたが興味津々でした、こんな凄い車がこの世にあるんだ。と衝撃を受けました。

あとがき

とても飽きっぽい性格なので、最後まで続けられなかったらどうしよう。。。と思っておりますが、好きなことは続と確認しています!